高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第203回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成29年5月16日(火)10:30~12:00
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
「第9回四万十川桜マラソン~走ル旅~」
平成29年4月29日(土)15:00~16:00
制作:高知さんさんテレビ放送

議事概要

  • 全体的に軸がしっかりして、三姉妹の走る事の素晴らしさとか、生きる事の素晴らしさ、元気である事の素晴らしさ、本当に伝えてもらって納得できるいい番組だった。
  • 過去の番組審議会で、「軸になる人を作ってその軸になる人をベースにしてこの番組を作ったらどうか」というような意見があったが、今回は三姉妹を軸に作っていた。番組審議会の意見が少しは反映してもらえたと思ってちょっと嬉しい感じだった。
  • 三姉妹がゴールした時に何かすごく感動してしまい、自分でメモを書いていたが、「生きるっていいなあ」とここで書いた。こんな番組の中でこんな事を感じさせてもらえてすごく良かったと思った。
  • 映像がすごくきれい。いかにもドローンで撮った映像を見せたいよ、じゃなくて、すごく効果的に出てくる感じがして、使い方が進化しているんだなと思った。
  • 普段出ていない地元企業のCMを見る事ができるというのは、非常にいい事だと思う。地場の企業が、地場のイベントの番組に対してそれぞれお金を出してまわしていく。それを見た人はその企業の事を知るというすごくいいループになっていると思った。
  • イベントに優しいというか、本当に愛情持って作っている感じ、なんとか地域を元気にこの事業をどんどん成功させたいというさんさんテレビの愛情が見えた。番組自体が優しい本当に気持ちのよい清々しい番組だった。
  • マラソンを人の人生に重ね合わせて、ある人は夢を実現するとか、ある人はがんとの闘病という中で、人生いろいろあるけれど、前向きに頑張ろうという気に番組見た後にさせてくれた。加えて、四万十の魅力とか、四万十川桜マラソン自体の魅力もきっちりきちっとされていたので、構成としてもバランスがとれていてよかったと思う。
error: Content is protected !!