高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第186回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成27年9月15日(火)10:30~12:00
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
「終戦70年ドキュメンタリー企画『私たちに戦争を教えてください』」
平成27年8月15日(土)19:00~23:10
制作:フジテレビジョン

議事概要

  • 4時間番組にする、その発想というのがすごいと思った。4時間これを見せる。飽きさせないように見せる。普通映画でも4時間は長い。それを見せるっていうその発想した人の思いが、戦争に対する思いが伝わって来た。
  • 戦争についていろいろ考えさせられる事があって、今一度本当に、しかもわかりやすく考えさせてくれたので、本当によかったなと思う。
  • 日本だけでなく、アメリカからの視点も見て、太平洋戦争というのは一体何だったんだろうというのを捉えようとする番組構成だった、多面的な面から戦争を考えさせるような構成になっていたのが非常に評価出来た。
  • 作られた問題意識じゃなくてタレント自身本人が想像できる問題意識を持って番組作りに取り組んでいたという意味ではよかったと思う。
  • 今、若者に人気の旬な俳優を使ってやるという事は、若い人達、彼等を支持する若い人達に戦争を考える機会を与えるという意味でも、キャストという点からも非常に良い番組だった。
  • 『8月15日が何の日』とか、敢えて今の若い人達が知らないような事を言っているようなところを出したりと、街の若者のインタビューはどういう意図があってやっているのかなと思った。もう一つはスタジオで零戦がこれだけすごかったよという話をしている、スタジオの意義っていうのはどういうところだったのかと思った。
  • ボリューム感もわかるが、どちらかというと1時間で5週連続とかした方が見やすかったかなと思った。
  • せっかく4時間もやるのであれば、何故戦争が起きてしまったかという、これを一言で言ったり、それでも何故日本は戦争にいってしまったかというような振り返りというのを足せばよかった。で、今も世界中でいろんな所で戦争が起こっているのはなぜかみたいな事も入っていたら、またこの番組の深さも変わってきたなと思った。
  • 若手の旬のタレントとかあんまり感情移入できなかった。僕等の年代からすると、もう少し幅の広い年齢層、いろんな年代のナビゲーターはを入れてもよかったと思う。
error: Content is protected !!