高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第176回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成26年9月16日(火)14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
「よさこいに恋して ~南国・高知 よさこい祭り2014~」

議事概要

  • よさこいの歴史映像、ルール説明で踊りのベースを紹介した後、バリエーションに富んだチームを紹介し、色々な人達が集まって色々な思いを持って祭りを作っているんだなという事が凄く解りやすい番組だったと思った。
  • 踊らない人にはわからない踊り子さんの気持ちがこの番組を通して伝わってきました。
  • よさこいが恋しくて恋しくてしょうがない、大好きでしょうがないという気持ちを伝えたいという番組だと思った。
  • ダイヤモンドダイニングの社長の情熱がよく伝わった。そういう意味ではタイトルにある「恋して」っていう意味のテーマは一本きっちり通っていたと思う。
  • ディレクターのインタビューが、同じところでお祭りを楽しむ視点で入りお話をしているから、相手側の反応も凄くよく、テレビだからといって構えた感じじゃなく、心の中も引き出せたんじゃないかなと思った。
  • 毎年同じような内容で、同じような感じで、ちょっとテーマを、出てくる人を変えてやることだけでは、もうちょっと面白みが欲しかったなあとそういうふうに思った。
  • さんさんテレビさんが作っている番組を毎年見ているが、今年はカメラワークがあまり良く無かったと思いました。個人の踊りとかカメラがもうひとつ物足りなかったなあという感じを受けた。
  • 「よさこい移住」された方について周りの方の関係性とか親御さんは何故反対したか、実際踊っているのを見てどう思ったかをもう少し掘り下げた方が良いと思った。
  • いつも踊りの上手な人とか、女性だったらすごく顔が綺麗だったりとか、わりと前の方だけをカメラは捉えているんですけど、後ろの方でやっぱりあの、後列の方でも一生懸命踊っている人の姿とか、そういう人もカメラの映像の中に入れて欲しい。
  • 今よさこいが抱えている危機感というのは負の部分で、例えば台風災害の中で何故開催したのか、参加チームのモラルの問題とか、何故高知のよさこい祭りが弱体化するのか、風化しているのかというところに目を向けて欲しい。
error: Content is protected !!