高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第170回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成26年2月18日(火)14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
「バナナマンの世界こんな学校あったんだ!?」

議事概要

  • 企画書を頂いた時点で、副題として『これが世界の特殊能力スクール』となっていて、この特殊能力という言葉に惹かれていたが、内容を見て、特殊能力と呼ぶ程でもない素材だったと思った。
  • 今回、スタジオにいる方は、皆さんきちんとそれなりにコメントしてまともだったと思った。スタジオの雰囲気はいいなあと思った。
  • 学校という感じでは無く、体験教室的な感じだったのかなと思った。執事の学校だけちゃんとしていたのかなというイメージ、後は観光的な感じかなというイメージだった。
  • 今回単発の企画でうまく行けばシリーズ化して行くという事だとは思うが、最後の締めの所で「次回お会い出来る様でしたらお会いしましょう」みたいな感じで締めた所が、何か気持ち悪かった。
  • 最近バラエティ番組でよくあるが、コマーシャル後の戻り過ぎが無かった事が良かった。
  • 「私、高い所、だめだった人かも」と言う表現があったが、タレントさんといえども、そういう言葉がたくさん出てくると、やっぱり日本語がどんどん乱れて行くと思った。
  • 楽しく見た方だと思うが、バラエティ番組というのが、完全に曲り角に来ていると感じた。もう、おもしろいだけで作ったバラエティって若者は見ない。
  • 作った感たっぷりのバラエティは、もう若者は懲り懲りだと思っている。雛壇に座らせて、からかっている。もういいんじゃないかって感じがする。
  • すっと入って、すっと笑って、すっと抜けて。だから思い出すのに時間が掛かったが、そういう楽しみ方も一つだと思う。
  • 真剣さというか、ノンフィクションというか、フィクションじゃない感じを出したものじゃないと、作り込まれたもので刺激はもう感じないんだと思う。
error: Content is protected !!