高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第169回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成26年1月21日(火)14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
「ご当地 バラエティ! ジモトノミクス」(6局共同制作番組)

議事概要

  • 全体的に言って、内容的に番組がどうこうと言うよりは出て来た内容に驚かされた。近畿中国四国ブロックの狭い地域でやっているので、日本国中でやったら、大変な事になるくらい色々なものがあるんじゃないかなと思った。
  • 今回は地元を上げるミクスということで、素材がアイデアたくさんでした。例えば、行政主導の経済というと箱物を作ったり、何かイベントをしたりだったんですけれど、本当に、民のそれぞれのアイデアっていうのを勉強出来て良かったと思った。
  • バラエティというと最近構えて見てしまうというところがあるが、番組の長さを感じないくらい次々に話題が切り替わりながら色々紹介して頂いたので、いい意味で無駄に考える事が無く見る事が出来たなと思った。
  • 何でもこうビジネスにつながるっていう事を『自分の常識は他人の非常識』という言葉があるように、自分では普通と思っている事とが他人には普通でない事で、それがビジネスにつながるという事で改めて認識させられた。
  • 取り扱っている内容も地域によってバラバラだったが、夕方のニュース枠の特集コーナーの選りすぐりを集めているという様な感じで非常におもしろく見させて貰った。
  • もう少し素材の数を減らして一つの案件をもう少し長くやった方が印象に残るのではないかと感じた。
  • 司会がうるさかったが、お笑いを使う事は仕方がないと思う。まとめる司会のお笑いの方だったら違和感も無くなってくると思う。
  • 司会者がやっぱりうまく役割を果たせてないという事。私は全然印象にないくらい存在感がなかった。ゲストと大差なかった。ゲストと同じ立場にいたような気がしてしまったので、バラエティだからこそ、そういうまとめる人がいないと、うまく進行していけないのではないかという正直な感想。
  • 番組の編集の段階でかなり苦労されたと思うが、見ている者からしたら、テンポよくは見られたが、もうちょっと強弱は付けて貰らいたかったと思った。
error: Content is protected !!