高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第163回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成25年5月21日(火)14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
「第5回 四万十川桜マラソン」

議事概要

  • 雨の中一生懸命走るランナーの姿や裏で支えるボランティアの活動も取り上げていて視聴者を引き付ける番組であったと思う。
  • 全体的に淡々と色々な部分を見ることができて良かった。
    番組としてスポットの当て方は様々だと思うが、マラソンファンとしては自然体で番組を見ることができる内容だったと思う。
  • 高知県人の温かさが、番組を通してよく伝わってきた。高齢化が進む過疎地の人々がひとつのイベントに参加し、人と人とのふれあいが表現できていて楽しく見ることができた。
  • これだけ日本全国にマラソン大会があると、どのように番組づくりをするか難しい選択を求められていると感じた。
  • ボランティアを主眼に取り上げるのか、あるいはランナーなのか、町興しにするのか、それとも一人のランナーに密着した取り上げ方をするのか、あいまいな感じの番組だった。
  • 感動を伝えるという点で、表現しきれていないと感じた。
  • 「桜マラソン」とタイトルがついているのなら、番組中に桜が出てこない理由説明ががあってもいいと思った。
  • 悪天候の中、ランナーも運営側もボランティアも大変な状況だったことをもっと強調し、苦労した点を表現しても良かったと思う。
  • 天気が悪いからこそ、その部分を捉えた番組作りをしたら良かった。
  • タイムリミット直前のゴールする選手の取り上げ方を、もっと感動的に表現できる方法があったのではないか。
error: Content is protected !!