高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第148回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成23年11月2日(水) 14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
FNSソフト工場
『がっかりがびっくりに!?どうしてこうなったTV』
平成23年10月14日(金) 午後7:00~7:57放送
高知さんさんテレビ 制作

議事内容

  • 「がっかり」が「びっくりに」という大変興味を引くタイトルだが、番組の趣旨が一貫しておらず、残念ながらタイトルと内容が全て一致しているようには感じられなかった。
  • 自分たちの知らないようなはりまや橋の”びっくり”する話を期待していたが、目新しい情報はなく、軽く取り上げたような印象だった。これを見た高知県民はあまり快くは思わないのではないか。
  • はりまや橋商店街の会長さんのコメントはこじつけた感じはあるが面白かった。ただ、高知の視聴者の立場でいわせてもらうと、もっと掘り下げた取材の成果を披露してもらいたかった。
  • “ここががっかり”という前フリがしっかりあれば、今まで”がっかり”とされていたものがフォローされて”びっくりに”、という話の流れになったと思うが、そうではなかったので単なる紹介コーナーにしか見えなかった。
  • 湯田温泉の女将さんを取り上げた場面は面白く、頑張っている姿を見習わないといけないと思った。SKE48の3人が、ゲテ物を嫌な顔せず食べていたところもタレントとしてはとても気概があるなと感じた。
  • お笑い芸人の下ネタが目に余る。また、芸人が主役のいつものお笑い番組と対応が同じで、芸人のウケだけを狙っているようにみえた。ローカル局制作の番組でタレント選びの難しさを浮彫にしたような印象を持った。
  • 石田アナウンサーがサタマガとはまた違ったしっとりとした雰囲気で進行していて、番組の品位を保とうとする努力が伝わってきたし、コメントのカバーも良かった。
  • カメラのレンズが雨に濡れて水滴がびっしり付いていたり、ピントがぼやけたりするシーンが目に付いた。こういった映像をなぜ使ったのか疑問だ。音楽の使い方についても、適切とは言えないようなシーンも散見された。
error: Content is protected !!