高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第144回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成23年6月1日(水) 14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
『東日本大震災特別番組「わすれない」~三つの家族の肖像~』
平成23年5月8日(日) 9:00~9:55放送
フジテレビ制作

議事内容

  • 淡々と事実を追い、コンパクトにまとまった見応えのある番組だった。引き続き、被災地の現状を伝えてほしい。
  • 横山さんの立場が自分自身と重なり、胸に刺さる思いがした。苦悩を自分で抱え、家族を遠ざける気持ちが理解できた。
  • 今まで震災の番組を見ることに消極的だったが、これを見てどんな状況になっても頑張らなければならないという気持ちになった。
  • 木村さんの娘さんの友達同士でのやりとりや表情をよく捉えていた。被災地ではこういった会話が子供たちの間で普通になっているのかと思い、胸が痛んだ。
  • 番組の制作意図は悲惨さを伝えるというよりは、東北の方の忍耐強い県民性というものを伝えたかったのではないか。
  • 実際に被災地に行った後で番組を見たので、訴える力が弱く物足りなかった。また番組を発信する目的というものが今ひとつわからなかった。
  • 被災者の方の怒りや嘆き、悲しみ、苦しみといった生の感情が画面からはあまり伝わらなかった。また、被災地の悲惨さが表面上でしか捉えられておらず、視聴者の心に伝わらないのではないか。実際に現場で感じないとわからない独特な雰囲気をテレビの映像で表現するのは難しい。
  • バラエティ番組の宣伝が多く、震災番組で流すにはふさわしくないのではないか。
error: Content is protected !!