高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第140回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成23年2月2日(水) 14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
「第19回FNSドキュメンタリー大賞」
フジテレビ制作
平成23年1月23日(日) 16:00~17:25 放送

議事内容

  • 大賞作品は映像のインパクトがとても大きく、衝撃を受けた。過去から現在までの経緯を忠実に伝えた点が良かった。資料映像の収集や長期間の調査等、番組制作の苦労が感じられた。
  • この作品で初めてこういった現実を知り、勉強になった。社会的な問題として大きく捉えなければいけないと思った。
  • 県の調査で暴けなかった事柄を番組で紐解いていったこと、また内容を小出しにしていくことにより視聴者の興味を惹きつける表現方法に感心した。
  • 熱い思いを感じさせながらも、あえて怒りの部分は抑えて淡々と事実を積み重ねていくという描き方が良かった。
  • 問題点を明確にし、ここまで調査できたことに評価ができる。調査しても解明できる問題ばかりではないが、取材し報道し続けていくことがマスコミの大きな役目だ。
  • 証拠や因果関係が調査されていたが、最後まではっきりと証明されることなく終わってしまったので残念だった。
  • そもそもダムは必要なのかどうか、どういった役割をもったダムであるか等についても言及して欲しかった。
  • 優秀賞と大賞の区別が付きにくかった。大賞以外の作品は短くまとめられており、番組の盛り上がるドラマチックな場面やそれまでの過程がわからなかった。
  • 渡部陽一さんの説明内容が聞き取りづらかった。旬な渡部さんを起用した意図はわかるが、今回のような番組にふさわしいかは疑問だった。
error: Content is protected !!