高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第118回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成20年11月5日(水)14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
10月改編後の新番組を中心とした番組全般

議事内容

  • 今回の改編でドラマは全部新しい企画になったが、それ以外の番組については変化をあまり感じられない。
  • ドラマはテンポが速いものや、少しありえない設定が多く、のめりこむまでにはいなかい。その中で「風のガーデン」は原作や演出、出演者を含めきちんと制作されていた。期待したい。もっと、大人の男性なども見て面白いと思うドラマを増やして欲しい。
  • 最近はお笑いやバラエティ番組が主流となり、ニュースもそういう風潮が見られる感じがする。報道の仕方も全部画一的な印象を受けるので、もっと局ごとの独自性を持った伝え方をすれば良くなるのではないか。
  • 夕方のスーパーニュースは全体的に評判が良い。間に入る地元のニュースがアクセントとなり見やすいが、もう少しローカルニュースで重量感が欲しい。
  • 日曜日の朝の「ボクらの時代」は楽しみだが、腰を落ち着けて見られない時間帯なので残念だ。日曜日の夜は家族で見ることが多いので、あまり頭を使う番組をしない方が望ましいのではないか。
  • クイズ番組が、問題を楽しむというより人を売り出す方に力を入れている気がする。 安心して見ることはできるが、バラエティやお笑いが多く、テレビ全体として見る年代が絞られてきている感じがある。笑いもあって情報も入る情報バラエティ番組をもっとして欲しい。
  • 「新報道2001」が大きく変わり、政治討論番組から情報発信番組に力点を置いたような感じがする。テーマを多く取り上げすぎて掘り下げが弱くなり、物足りないと思う。
  • 「エチカの鏡」は新しい視点だ。表に出てこない人等の軌跡を紹介し、その人間の姿を自分の鏡にもってくるというすごく良い番組だ。鏡に向かい合いたい人はたくさんいると思う。新基軸の企画であり、じっくり創り込んで欲しい。
error: Content is protected !!