高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第107回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成19年10月3日(水)14:00~15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
「西日本しあわせ家族グランプリ ふぁみわん」
近畿中四国ブロック共同制作番組
平成19年9月23日(日)16:00~17:25放送

議事内容

  • 近畿・中四国の系列6局の共同企画で、「家族の絆」を運動競技を通して確かめ合うというテーマで構成されており、選ばれた家族の日常や家業が丁寧に描かれていて感銘を受けた。
  • 演出過剰なバラエティー番組が目立つ中で、この番組は作り込み過ぎがなく、ゲームの勝ち負けよりも、素朴で心温まる家族愛や結びつきが紹介されている点に好感が持てた。
  • 運動会の競技、家族や家業の紹介、さらに、住んでいる土地や地場産品など欲張って盛りだくさんの要素を入れて構成しようとしたため、肝心の家族同士の「絆」の主題性がぼけてしまったのではないかと思う。
  • 番組でいう「家族」はいわゆる核家族に限定されていて、家族にもいろいろな形態があるという点にも配慮が欲しかった。また、家族を見せたいのか、競技を見てもらいたいのか、中途半端な印象が否めない。
  • 近年のバラエティーは“テレビの吉本化”が進んでいる。この番組もその例に漏れないが、ローカル制作なので、キー局のまねをせず、独自性のある視点で作れなかったものかと思う。また、一部タレント・サポーターのオーバーアクションに閉口した。
  • 家族の絆の強さを強調し、感動させるための演出が十分でなかった。ゲームをして順番を決めるより、それぞれ家族チームが目標に向かってチャレンジする様子や到達度を評価するような構成がよかったのではないか。
error: Content is protected !!