高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

第105回 高知さんさんテレビ 番組審議会議事録

日時
平成19年7月4日(水) 14:00 ~ 15:30
場所
高知さんさんテレビ 2F 会議室
対象番組
FNSソフト工場 作品 「オマエ達 昭和をなめんなヨ!」
平成19年6月8日(金)19:00~19:57放送

議事内容

  • 戦後の出来事や流行を進行役のタレントと一緒に振り返る番組だったが、「昭和をなめんなヨ!」というタイトルがどうにもマッチしていない印象だった。
  • インパクトを狙ったタイトルには違和感があったが、内容は押しつけがましくなく、家族団らんで楽しめる肩の凝らない番組だった。
  • カラオケやインスタントラーメンといった団塊世代の世界的発明をドラマ仕立てで分かりやすく構成しており、平成生まれの子どもたちへの教育効果も期待できる。
  • 番組の全体構成が都市の論理で取り上げられており、昭和期の農村、漁村の抱えていた問題、過疎化などを取り上げる視点があってもよかったのではないか。
  • 団塊世代の男性の誇りや自負心にポイントがあったように受け止めた反面、ミニスカートの流行など重要と思われる事例が省かれており、女性の視点は乏しかった。
  • 若い女性タレントを起用してクイズ形式で進行させていたが、最近の全国ネットのバラエティーで目立つ「無知を笑いものにしてはやし立てる」ような好ましくない構成は避けており、好感が持てた。
  • 「昭和」というテーマには意味があるが、企画意図が伝わってこない上、細切れのネタを無理にくっつけたような構成で、タレントのわざとらしいやり取りが気になった。
  • 使ったタレントの存在感が乏しい上、キャラクターの引き出しも十分とはいえず、全体的に洗練されていないB級バラエティーという印象だ。
error: Content is protected !!