高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

心呼吸しよう

カテゴリー:人権全般

  • ふれあい支援事業
    〜人権への関心を深めよう〜

    高知県と高知県人権啓発センターが行っている「ふれあい支援事業」。
    今年度は9種類の事業に支援が行われました。
    人権への関心を深めるための様々な事業。どのような取り組みなのでしょうか?

  • 災害と人権

    地震などの災害が発生した際、避難所生活を余儀なくされる場合があります。
    高知県立大学の授業の一環で行われた「避難所運営ワーク」で高齢者、障害者、すべての人が気持よく生活するために大切な配慮を考えます。

  • スポーツと人権

    高知県人権啓発センターとアイゴッソ高知が開催した「人権サッカー教室」。
    サッカーなどチームで戦うスポーツは、技術を高めるだけではなく、仲間とのコミュニケーションも大切です。
    教室では、仲間との絆を深める様々なゲームを通して、相手を思いやる気持ちを育てます。

  • 絵本の楽しさに出会うために
    ~世界のバリアフリー絵本~

    高知こどもの図書館で開かれた世界のバリアフリー絵本展2013。点字付き絵本や手話で物語を追っていける絵本など、世界の優れたバリアフリーの絵本60冊が展示されました。高知こどもの図書館の古川館長は、「障害のある子どもにも絵本を読む楽しさを届けたい」と話します。

  • 心に残ることば
    ~歩み寄る心・人権のすそ野を拡げたい~

    過去の心呼吸しようから2回の放送を振り返る。
    6月に放送した「障害者にも夢や希望を」では高知ハビリテーリングセンターの上田さんが歩み寄る心の大切さを。
    8月放送の「プロスポーツとの連携」では高知ファイティングドックスの武政球団社長が人権のすそ野を拡げたいと語る。

次ページ

error: Content is protected !!