高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

心呼吸しよう

カテゴリー:災害と人権

  • 災害時避難所での人権
    ~非常時こその思いやり~

    災害時に拠り所となる避難所。
    女性や高齢者に優しい運営とは?
    安芸市の川向地区では過去の事例を基に防災劇を通じて研修を行っています。

  • 災害と人権

    地震などの災害が発生した際、避難所生活を余儀なくされる場合があります。
    高知県立大学の授業の一環で行われた「避難所運営ワーク」で高齢者、障害者、すべての人が気持よく生活するために大切な配慮を考えます。

  • 地域の防災
    ~女性の視点に立った防災活動~

    「自分たちの命は自分たちで守る」
    そのためには地域の防災活動が重要となります。
    安芸市川向地区で防災活動に関わる仙頭ゆかりさんは防災活動には女性の参画が必要だと訴えます。

  • 命を守る
    ~南海トラフ巨大地震に備えて~

    将来必ずくるといわれている南海トラフ巨大地震。
    地震研究の権威、高知大学の岡村特任教授は、次の地震は昭和南海地震をはるかに超える津波が押し寄せてくると警告しています。
    そこで岡村特任教授が訴えているのは、「自分で判断し避難することの大切さ」。
    黒潮町にある南郷小学校でも、地震が発生した時に自分で判断し避難できるよう訓練をしています。
    岡村特任教授の話とともに、訓練の様子をご紹介します。

error: Content is protected !!