高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

心呼吸しよう

カテゴリー:子ども

  • 子どもたちの高次脳機能障害
    ~1人の人として認める社会~

    高知ハビリテーリングセンター センター長
    上田真弓さんが「子どもたちの高次脳機能障害」に関する中島恵子さんの講演会を訪ねる。
    目に見えない障害にどう気づけばよいか、また気づいた後はどうすれば良いかなどを伺う。

    ※高次脳機能障害に関しての相談窓口
    高知ハビリテーリングセンター
    電話:088-842-1921

  • スポーツと人権

    高知県人権啓発センターとアイゴッソ高知が開催した「人権サッカー教室」。
    サッカーなどチームで戦うスポーツは、技術を高めるだけではなく、仲間とのコミュニケーションも大切です。
    教室では、仲間との絆を深める様々なゲームを通して、相手を思いやる気持ちを育てます。

  • スポーツと人権
    ~スポーツで思いやりの気持ちを育む~

    高知県人権啓発センターは高知ファイティングドッグスと共同で人権啓発イベントを行っています。例えば高知ファイティングドッグスの試合で、訪れたファンにパンフレットの配布や呼びかけを行うほか、野球教室を開いて子どもたちに周りの人を思いやる大切さを伝える取り組みをしています。

  • 絵本の楽しさに出会うために
    ~世界のバリアフリー絵本~

    高知こどもの図書館で開かれた世界のバリアフリー絵本展2013。点字付き絵本や手話で物語を追っていける絵本など、世界の優れたバリアフリーの絵本60冊が展示されました。高知こどもの図書館の古川館長は、「障害のある子どもにも絵本を読む楽しさを届けたい」と話します。

  • 子どもの人権

    8月に高知市に誕生した子どもたちだけの街「とさっ子タウン」
    子どもが楽しみ、学び、未来を考えるための取り組みです。
    この取り組みを通して、社会の仕組みや高知の文化を知り、生まれ育った地域に愛着を持ってもらいたいと、実行委員会は考えています。

次ページ

error: Content is protected !!