高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

高知のニュース

四万十町で1時間雨量81.5ミリ 黒潮町に記録的短時間大雨情報も

県内は大雨となり黒潮町には記録的短時間大雨情報が出され、警戒レベル4となる「避難指示」のもと住民が避難しています。

 

午後1時前の高知市。
雨で視界が悪く、車はライトをつけて走行しています。
高知市仁井田では道路が冠水。
この時間帯、活発な雨雲が県西部にかかり、その後中部へと流れ込んでいました。

 

四万十町窪川では1時間に81.5ミリの猛烈な雨を。
安芸市では9月の観測史上最大となる72ミリを観測しました。
24時間雨量は窪川で331ミリ、須崎市で181.5ミリ、高知市で169ミリとなっています。

 

また、各地で雷も・・・
取材に訪れていたホームセンターでも、取材中に突然の停電。
落雷による影響で、6市町村で最大4700戸が停電しましたが、ほぼ復旧しています。

 

午前8時に記録的短時間大雨情報が出された黒潮町では、小学校のグラウンドが浸水。
警戒レベル4に当たる避難指示が、327世帯756人に発表されました。
県道大方大正線では土砂崩れが発生しています。
午後6時時点ではう回路も大雨による通行止めのため、仲分川地区と伴太郎地区の27世帯が孤立状態となっています。

 

避難してきた黒潮町の住民
「雷がすごく鳴ってて怖かった。避難しなさいと区長に言われて来た」
「こんな風に避難することは、80歳まで生きてきたけど初めて」

 

このあとも県内は雨が続き、12日午後6時までに予想される24時間雨量は多い所で200ミリとなっています。
四万十町と黒潮町には、土砂災害警戒情報が発表されています。

error: Content is protected !!