高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

高知のニュース

高知市で今季初の氷点下 高知城の梅は3分咲き

10日の高知県内はグッと冷え込みました。高知市では今シーズン初の氷点下を記録しましたが11日からは暖かい日が続きそうです。


午前10時の高知城梅ノ段では気温が冷え込む中、およそ180本ある梅の花が徐々に咲きそろい始めています。
県内は上空に寒気がある影響で高知市で-0.1℃と今季初の氷点下を記録。また本山で-4.4℃、後免で-1.9℃と5つの観測地点で今季最低を記録しました。


高知城の梅は1年を通して気温が高かった影響で例年よりも花の数が少なくなっているということですが、せっかくの風物詩を楽しもうと着物を着て訪れた人の姿もありました。


朝の寒さから一転お昼を過ぎると高知市で14.6℃、南国日章で14.2℃となるなど暖かいところでは3月上旬並みの気温となりました。気象台によりますと11日から16日頃までは平年を大きく上回る気温の予想が出ています。13日(木)には20℃を超えるとみられ、梅の開花も順調に進みそうです。


高知城では14日(金)の午後1時半から、この梅の枝を先着100人にプレゼントするイベントが開かれます。

 

error: Content is protected !!