高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

高知のニュース

超大型の台風10号 15日に高知県に最接近か 

超大型の台風10号はさらに発達しながら北上を続け15日の朝、強い勢力で足摺岬に上陸または最接近する見込みです。
13日に会見を開いた高知地方気象台は極めて危険な状況になる恐れがあるとして、異例のメッセージを発表しました。

 

出宮稔 高知地方気象台長
「14日の夜から高知県西部から暴風域を伴ってきます。人が外出するには危険な状態となります。そのため早めの避難行動・安全確保をしていただきたい」

 

今回の台風10号と過去に同じコースを辿った平成2年の台風14号は24時間の解析雨量が1300ミリにも達しました。
また、同様の昭和45年の台風10号では、当時観測史上1位となる最大瞬間風速54.3mを記録。最接近が満潮時と重なったため深刻な高潮被害が発生し、県内の死者の数は12人に上りました。
今回の台風10号は過去に大きな被害を出した台風よりも速度が遅いため、さらに危険な状態となる恐れがあります。

14日午後6時から15日午後6時までの24時間に降る雨の量は多いところで800ミリから1000ミリに達すると見込まれています。

台風の最接近は15日の朝とみられます。猛烈な雨が降り、総雨量は多いところで1000ミリを超える見込みです。浸水や土砂災害に十分警戒してください。
さらに15日午前5時過ぎに満潮を向かえることから最接近の時間帯は高潮にも警戒が必要です。

 

14日夜には暴風域に入るため明るいうちに早めの安全確保をするようにしてください。

 

error: Content is protected !!