高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

高知のニュース

中央卸売市場で初競り

高知市中央卸売市場で
今年の初競りが行われました。

午前5時半頃から始まった 鮮魚の初競りでは
フィリピン近海や沖縄で取れた メバチマグロやキハダマグロが
次々と競り落とされていきました。

最も高い値がついたもので
1キロあたり2500円、
1本およそ7万円で取引されました。

けさの初市に並んだマグロの本数は27本で
去年のおよそ5分の1です。

またカツオやサバなども含めた 全体の入荷量は14トンで
過去10年で最も少なくなりました。

競り人によると
「おととしから続く黒潮の蛇行による影響が考えられる」
ということです。

error: Content is protected !!