高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

高知のニュース

室戸岬沖で米軍機が墜落

6日未明、室戸岬沖の上空で在日アメリカ軍の航空機2機が墜落しました。尾﨑知事は国に対し原因の究明と再発防止策を米軍に求めるよう要請するとしています。

 

事故が起きたのは午前1時40分ごろ。室戸岬の沖合およそ100キロの上空でした。防衛省によると山口県にあるアメリカ軍岩国基地所属のFA18D戦闘機とKC130給油機が海上に墜落したのです。

戦闘機には2人、給油機には5人が乗っていました。これまでに2人が救助され容体は1人は安定していますがもう1人は不明です。

応援要請を受けた高知海上保安部も巡視船3隻を派遣し行方不明者5人の捜索にあたっています。しかし現場海域は霧が立ち込め視界が悪く捜索は難航しています。

 

事故はどのように起きたのでしょうか?

こちらは今回、墜落した2機と同型の米軍機による給油訓練の様子です。一定の間隔を保ち上空でホースをつなぐ高度な技術が求められます。この時に2機が接触したとみられています。

 

県には午前7時前、防衛省から事故の一報がありました。現場付近では県船籍の漁船2隻が航行していましたが被害はないということです。事故を受け尾﨑知事は県議会の開会前と終了後にコメントを発表しました。

 

尾﨑知事
「米軍の訓練は重要で必要ではあるが安全確保が大前提。高知県では過去3回米軍機の墜落事故が起き4回目。県民の不安も増大している」

 

今回事故があったFA18戦闘機は2016年12月にも土佐清水市の沖合90キロで墜落し、パイロットが死亡しています。

 

尾﨑知事は近日中に国に対し原因究明や再発防止策を米軍に求めるよう要請するということです。

error: Content is protected !!