高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

高知のニュース

リコー杯女流王座決定戦

将棋の女流タイトル戦の一つ「リコー杯女流王座戦第2局」が高知市で行われました。

 

対局者は現在、女流棋界の6つのタイトルのうち4冠を持つ“女流棋界のスター”26歳の里見香奈女流王座。挑戦者は通算タイトル数歴代1位の“レジェンド”49歳・清水市代女流六段です。

 

女流王座戦の高知市での開催は2017年に続いて2回目で5番勝負のうち10月に行われた第1局は里見女流王座が先勝。この第2局は里見女流王座が3期目の防衛に王手をかけるか清水女流六段がタイに戻すかシリーズの流れを左右する大事な一局です。

 

大盤解説には南国市出身の島井咲緒里女流二段も参加しました。島井女流二段は里見女流王座と同じく四万十市中村出身の森雞二九段の門下生です。

 

対局開始からおよそ4時間半、清水女流六段が投了し87手で里見女流王座が勝利しました。

 

このほか村田智穂女流二段らプロ棋士と直接対局ができる「指導対局」も行われファンは心ゆくまで将棋を楽しんでいました。

 

里見女流王座が2連勝で防衛に王手をかけた女流王座戦。第3局は21日に静岡県で行われます。

error: Content is protected !!