高知さんさんテレビ

  • twitter
  • facebook

高知のニュース

県西部に一時大雨特別警報

高知県西部は8日未明から、激しい雨が降り、宿毛市など6市町村に一時、大雨特別警報が発表されました。
高知県に特別警報が出たのはこれが初めてです。
宿毛市では午前5時08分までの1時間に観測史上最大となる108ミリの猛烈な雨を観測しました。
この雨で、宿毛市や大月町を中心に大きな被害がでています。
大月町一切地区では家の裏山が崩れて、平屋建て住宅が土砂に押しつぶされ、一人暮らしの女性(58)が死亡しました。
また、土佐清水市の男性(26)が車で大月町の会社に向かっている途中、行方不明となり、県警と自衛隊が捜索しています。
一方、香南市香我美町の香宗川では、おととい牛乳配達中に行方不明になっていた男性(40代)が運転していた車の中の捜索が行われました。
男性は車内におらず、行方が分かっていません。
県西部に出ていた大雨特別警報は午後2時50分に解除されましたが、気象台は引き続き土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

error: Content is protected !!